2016年1月21日木曜日

努力なんてしないほうがよい

「 頑張りました 」「 努力しました 」だからなんだってんですか

まやかしの言葉です、頑張り、と、努力。
そのまやかしについてちょっと書きたいと思います

「 努力 」というものを聖域に入れてない?


 そう、努力なんてしないでいいんです。 みんなこの言葉の純粋さにうっとりしてだまされているんですよ、

「 努力 」

 すればするほど良いとされてますよね?

 なぜなら、自分がやりたくないことを他人にやらせるのにこれ以上の日本語はないからです。
だから、「努力」すれば褒められるんです。


自分を傷つけることを「 努力 」してる

 
やりたくないことをやらなくちゃいけない。 
そのときテンションあげて取り組むことを「 努力 」っていってるんです。 そこに達成感などのごほうびがあればいいんですが、なければずっと「 努力 」しっぱなしになります。 
 ガソリンが切れるまで走ってるようなものです。


やめましょう、「 努力 」

 だから努力するのをやめましょう。 
やりたくないことをやらなくちゃいけないときは「 ごまかす 」。 
 やくざでいえば「 シノギ 」。
ここで大事なのは、他人から見て努力している演技ができるか?ということですが・・・・大丈夫でしょ。 あなたはずっと「 努力 」してきたんですから。


やりたいことをやるときは「 努力 」ではない


 「 ごまかし 」をおぼえたあなたにはきっと力があまってるはずです。 さあ、やりたいことに時間と生命力をつぎ込みましょう。 やりたいことをやっているときは「 努力 」とはいいません。
 NBAのトッププレイヤーは試合のほかに8時間練習するらしいですが、8時間ハイテンションで努力することはできないですよね。 それは「 成長 」といいます。


「 成長 」してるあなたには「 努力 」の連中は誰も追いつけません。  

0 件のコメント:

コメントを投稿